About Us

 

 

バディカフェのご紹介

ネパールと日本で手を繋いで
奏でる新しい音色。

Why Badi Cafe?

 

初めてネパールを訪れた時、私は言葉に出来ない深い悲しみをおぼえました。

それは、「生活環境が整っていない、生活水準が低い」という格差の問題以上にやっかいなものでした。

 

長い歴史の中で受け続けてきた差別と迫害によって、あらゆる希望と自信を奪われていたバディ族の女性達に、

一体何ができるのだろうか?

 

「誰だって、社会に貢献できる。」

 

私たちは、遠く離れたこの日本の地で、バディ族のパートナーとしての働きをスタートしました。

それは、「支援する」のではなく、互いの存在を必要とするリレーションシップの中で一歩ずつ、着実に成長をはじめています。

 

「あなたがいてくれてわたしは嬉しい。とても助かる。」

 

この豊かさの中で生まれる特別なスイーツと珈琲を、是非味わってください。

 

きっと、ひと味もふた味も違う、“Rejoice=喜び”があると信じて。

Badi Cafe 工房ができるまで  コロナ禍でのチャレンジ

ネパールも深刻な新型コロナウイルス感染症に苦しみました。一時期に比べ少し状況は良くなって来ていますが、貧国ネパールは都市のカトマンズはもちろんのこと、田舎の村までコロナ感染が広がり医療は行き届かず、まだ村人たちの命が脅かされています。

しかしこの期間も日本側のビジネスパートナーであるわたしたちは「今だからこそ、できることはないか」と考え、そこで「焼き菓子工房の新築」の思いに辿り着きました。この逆境をバネにやってみることにしました。

 

何より私たちが今、諦めずにアクションし続けることが、ネパールで子ど もたちのライフを一生懸命に守り養育しているバディカフェのビジネ スパートナーでもあり、ゴスペルエイドと共に働くバディ族の女 性たちの励みとなるのではと、そう信じ私たちは日々奮闘しています。

わたしたちがこのような働きを継続できていることは、ひとえに皆様の温かいサポートのおかげです。

 

本当にありがとうございます。

 バディカフェ代表 

ウィリアムズゆり

私たちができる3つのアクション

S__25583626.jpg

商品を買う

​皆さま、

お買上げありがとうございます。

IMG_1413.JPG.jpg

​共に働く

バディカフェは

​彼女たちのビジネスパートナーです。

_MG_7557.JPG

支援を送る

直接的な支援金サポートは

ゴスペルエイドが担っています。

_MG_8036.JPG

9歳の女の子が売られることがないように
今、私たちができること

IMG_0681.JPG

Badi Cafe 岡崎店

LOCAL CUISINE

  • Instagram